男のお悩み解消スッキリweb

サイトマップ

ここは人に言えない悩みを抱えた男のための救済サイト。アダルトな内容を含んでいるため18歳未満の方は【こちら】から退出お願いします。

いっぱいある!?男の下半身の悩みを解消

店舗型とデリバリー型風俗エステはどっちがお得か

店舗型とデリバリー型風俗エステはどっちがお得か

店舗型とデリバリー型風俗エステはどっちがお得か

風俗エステに行ったことない方から「店舗型」と「デリバリー型」のどっちがお得か?という質問を受けることがよくあるが、どちらにもメリット、デメリットがある。
あまり変わらない様に見えてかなり異なった楽しみ方ができるので風俗エステに行こうか迷っている人、もしくは初めて行く人は是非参考にしてみてほしい。
もちろん自分で対比しながら両方行ってみるというのが一番のお薦めだ。

店舗型風俗エステ

まず店舗型風俗エステの一般的な流れだが、着衣での洗体→マッサージ→ハンドサービス(いわゆる抜き)といった感じだ。
この後にシャワーへ行かせてくれる店も多いが大体は一人でのシャワータイムになる。もちろんコースによって最初の洗体がなかったり、オプションでトップレスになってくれたり(裸でのマッサージサービス)などがあったりするが、基本的にはこんな感じだと思っておいてくれ。
コースが60分の場合の時間配分は洗体15分、マッサージ30分、ハンドサービス(いわゆつ手コキサービス)10分、後処理等が10分位。
風俗エステといってもずっと性感プレイをしてくれるわけでは無く、時間だけで見るとメインはマッサージになる。

ここで店舗型風俗エステのメリットについて紹介しようと思う。
店舗型はメリットがたくさんある。何といっても店舗型なので余計な時間が省けるということだ。店に行けばすぐ女の子がつき、洗体(洗体がある店であれば)してくれる。人気店でも前もって予約しておけばすぐ接客されることが多い。
個人的意見だが、これは帰宅時間が決まっている既婚者などにお薦めだ。また、女の子に聞いた話だが、店舗型の女の子の方がルックスのレベルが高い傾向にある。
店にスタッフがいるから女の子は安心して働くことができるのでデリバリー型よりも人気がある様だ。そのため店舗型で働けない子がデリバリー型へ流れになる。(逆は聞いたことがない)
つまり人気のある店舗型から埋まっていく傾向があるため、自然と店舗型の女の子のレベルの方が高くなる様だ。

店舗型エステのデメリットは店自体が少ないということだ。これはエステに限らない話だが、店舗型の風俗店というのは減りつつある。そのため店舗型の風俗エステの店を探すのが難しい。但しアジアンエステ系はまだ店舗型の店が多数存在する。
もう一つのデメリットは店舗型の方がプレイの融通が効きづらいということだ。店舗型の方がどちらかと言えばやる事がある程度決まっていて、マニュアル通りの接客になりがちだ。
とはいえヘルスやピンサロに比べ融通が効く傾向にある。

風俗エステの総合情報 - エステドゥロア

デリバリー型風俗エステ

風俗エステの流れは大体上記の通りだがデリバリー型の場合若干の融通が効くというのがメリットの一つだ。
例えば店舗型の場合一回いったら終わりという店が多いのだが、デリバリー型の場合「もう一回?」と聞いてきてくれたり、いった後でそそくさと後処理をするという事を避け少し話したりと余韻に浸る事ができる事が多い気がする。中には時間が過ぎていてもちょっと話す時間を与えてくれる子もいる。
またデリバリー型の場合コース料金+ホテル代になる事が多く、そうなった場合金額が高くなると思う人が多いのでは無いか。
しかし、多くの店舗型の場合、場所代も含まれた金額となっていて、デリバリー型より高い設定のところが多い。よって、金額面ではデリバリー型の方が合計で安くなるということも少なくない。(提携先のホテルやレンタルルームを完備している店が多く、安く利用することができることも多い)
そしてデリバリー型の場合店舗型と比べ女の子が多いという傾向にある。店舗型の場合あらかじめ女の子を待機させる必要があり、そしてその中から接客に当てなければいけない。
しかしデリバリー型の方がいろんな女の子の中から選べて指名する事ができる。さらに最近のデリバリー型の場合指名料がかからない店が増えている。その為気に入った女の子を何回示しても余分なお金を払わなくてもいい可能性があるのだ。

デリバリー型のデメリットは時間がかかる点だ。女の子を指名してホテルを確保し(ホテルの場合だが)部屋番号を店に伝え待機する。
部屋を取ってから女の子が向かうため時間がかかるので、ホテルをショートタイムで取ると延長料金がかかってしまうなんていうことにもなりかねないのでそこは注意しておかなければならない。
マッサージも特にやりやすい形のベッドではないのであまり気持ちいいと思えないことが比較的多い。
長所と短所を見極めどちらがいいか選んで遊びに行ってみてほしい。